外科

外科一般

当院では、日常的なケガやヤケドの処置、傷の縫合、皮膚腫瘍の摘出といった一般的な外科診療も行っています。専門の高度医療機関による検査や治療が必要な場合には、連携している大学病院や基幹病院をご紹介してスムーズに治療を受けられるようにしていますので、お困りの場合はお気軽にご相談ください。

外科診療内容

  • ケガ(切り傷・すり傷に対する止血や処置、縫合など)
  • ヤケドの処置
  • 皮膚の良性腫瘍切除(粉瘤、脂肪腫など)

粉瘤(ふんりゅう/アテローム)

皮膚の下に硬く小さなしこりがある状態です。皮膚内部に、皮膚と同じ構造の袋状組織(膿疱)ができて、その内部に垢などの老廃物がたまっています。良性腫瘍ですが、サイズが大きくなりやすい傾向があり、袋が破れたり感染したりすると炎症を起こして大きく腫れてしまうことがあります。袋状組織をきれいに取り除かないと再発を繰り返します。また、大きくなってしまうと切除範囲も大きくなってきれいに治すのが難しくなってしまいます。

症状

最初は、触った時に硬いしこりとして感じます。ニキビと違い、自然に治ることはありません。皮膚であればどんな場所にもできる可能性があります。潰してしまうと炎症を起こしやすく、化膿して大きく腫れて強く痛むことがあります。また、老廃物から悪臭が漂ってくることもあります。炎症した粉瘤は炎症性粉瘤と呼ばれます。細菌感染だけでなく、皮膚下で袋が破れて老廃物が周囲の組織に触れて炎症を起こすこともあるため、できるだけ触れないで小さいうちに受診することをお勧めしています。

原因

外傷やピアスの穴、ヒトパピローマウイルス感染など、限られたケースでは原因がわかることもありますが、ほとんどの粉瘤は原因がわかりません。粉瘤のできやすい体質で、様々な場所にできるケースもあります。

検査と治療

問診や視診で粉瘤と診断できます。炎症している場合、炎症だけを薬で治すことができますが、袋状の組織が少しでも残っていると再発を繰り返します。自然に治ることはないため、治療には切除が必要になります。
当院では、局所麻酔下の日帰り手術で粉瘤を切除しています。できるだけ傷跡が残らないように配慮しながら手術しています。治療の痛みはありません。なお、炎症が強い場合には抗生剤で炎症を鎮めてから切除することで傷跡を最小限にできるようにしています。

粉瘤の手術費用について

粉瘤と脂肪腫の切除手術は健康保険が適用されます。切除範囲の大きさ、患部のある場所、個数、手術手法などによって費用は変わってきます。3割負担の場合、4,000円~10,000円程度を目安にお考えください。
なお、手術を検討される場合、費用などについて事前に具体的な内容をしっかりお伝えしていますので、ご安心ください。

一番上に戻る
TEL:042-765-3005TEL:042-765-3005 24時間WEB予約24時間WEB予約

お問い合わせContact

お問い合わせフォーム 病気のこと、手術のことなどインターネットからもご相談を受け付けております。お気軽にお問い合わせくださいお問い合わせフォーム 病気のこと、手術のことなどインターネットからもご相談を受け付けております。お気軽にお問い合わせください